毎日の歯みがきで口内老化を予防し健康な歯を守りましょう!


歯みがき...きちんとできていますか?

歯を守るには、食べかすや歯垢を毎日落とすことがとても重要です。歯垢とは、歯につく白っぽい付着物で細菌のかたまり。歯周病や口臭の原因になります。その歯垢や食べかすを落とすのに欠かせないのが、歯みがきです。しかし、毎日している歯みがきも、きちんとできている人は意外に少ないそう。使い方ポイントを参考に、歯垢や汚れをくまなく落としましょう。

鉛筆持ちでやさしくみがく

歯ブラシは、鉛筆を持つように柄を軽く握るのがコツ。毛先をいろいろな角度に動かしやすく、すみずみまでみがけます。鉛筆持ちは、力が入るすぎないのもメリットです。毛先が開かない程度の力加減で、小刻みに毛先を動かしながらやさしくみがきましょう。力まかせにゴシゴシこすると、歯や歯ぐきを傷めてしまうので注意が必要です。

歯周病予防にも効果的

ブラッシングにはいろいろな方法があります。歯の表面の汚れは、毛先を歯に垂直に当てて落としますが、歯と歯ぐきの境目は、「バス法」でみがくのがおすすめ。毛先を45度の角度で境目に当て、横に小刻みに動かします。歯と歯茎の境目に詰まった歯垢をかき出せて、歯周病対策に効果的です。

口をすすいだあとのチェックを忘れずに!

前歯は、歯ブラシを縦に持つと、カーブしている部分も上手にみがけます。ブラシの先端やかかと部分を使い、汚れをかき出すように小刻みに動かしましょう。縦みがきは、毛先が届きにくい歯並びがでこぼこした部分にも最適です。また歯みがき粉の使用量は、小豆1粒程度かブラシの長さ1/3未満が適量。みがき残しチェックは、口をすすいだあとに歯の表面を舌でなめ、ツルツルしていればOK。ザラザラ部分があれば、みがき残しの可能性があります。

根管治療を行えば、虫歯で崩壊した歯でも保存できます。もとの歯と同じようにものを噛む力に耐えることができ、いつまでも自分の歯で噛めるようになります。