症状に合わせてベストなニキビ対策を始めよう!


初期ニキビは自宅でのケアが可能なケースも多い

白や黒の色合いの初期ニキビについては、炎症を起こしていない場合が多いため、自宅で十分なケアを行うことが可能です。例えば、できるだけお金を使わずにケアをしたい場合には、日々の洗顔の方法を見直したり、美容成分がバランスよく配合されているスキンケア用品を使ったりすることがおすすめです。最近では、敏感肌や乾燥肌の人に向けた洗顔フォームやクリームなどが巷に出回っており、手間をかけずにニキビ対策に取り組むことができるようになっています。なお、ニキビ対策に役立つグッズの成分や効き目、副作用などについて気になることがあれば、購入前に必ず薬剤師のアドバイスを聞くことが大切です。

炎症を起こしたニキビはすぐにクリニックで治療が必要

炎症を起こしたニキビについては、自宅で対応できることが限られてくるため、なるべく早い時期に皮膚科のクリニックに通院を始めることが肝心です。また、塗り薬や飲み薬を使った保険適用内の治療法の中には、月々の費用を数千円程度とリーズナブルなものもあり、若年者も無理なく治療を続けることが可能です。なお、色素沈着が目立つようになったり、皮膚の表面がクレーターのようになったりした場合には、保険適用外のレーザー治療やフォトフェイシャルなどの方法を選べるクリニックを選ぶと良いでしょう。

ニキビの治療法の種類は、クリニックによって大きな違いがあるため、予算の範囲内で治療を始めるうえで、余裕をもって複数のクリニックの特徴を比較してみることが大切です。

ニキビ跡は、ニキビの炎症がひどかったり同じ場所に繰り返しできた際に、毛穴の周りの皮膚組織が傷つきそれが傷跡として残ってしまうためにできてしまいます。