こうじは酵素の宝庫!?美容にも効果があるといわれるその働きとは?


こうじと酵素の気になる関係

こうじは米や麦、大豆などの穀物から作られます。穀物にカビの1種であるこうじ菌を加え繁殖させたものです。日本酒や焼酎などのお酒類、味噌や醤油などの発酵をともなう食品はすべてこうじから出来ています。こうじ菌は増殖するために、デンプンやタンパク質などを分解するさまざまな酵素を生産するといわれています。つまり、酵素とはこうじ菌が生み出したものなのです。 こうじ菌によって生み出された酵素の最も代表的なものはデンプン分解酵素のアミラーゼがあります。アミラーゼは食べ物の栄養を分解して消化・吸収を助ける役割を担っています。そのほかにもプロテアーゼ、リパーゼなど30種類以上の酵素があり、まさにこうじは酵素の宝庫といえるでしょう。

美容にも健康にもうれしい酵素の働き

酵素は私たちの体の中でいくつもの重要な働きをしてくれています。その中でも女性にうれしい効果を2つご紹介します。1つめはお肌の調子が良くなることです。こうじの酵素はビタミンB1やB2、さらにナイアシンやビオチンなどお肌にかかわるビタミン類を作ります。これらのビタミン類は皮膚を正常に保つ働きがあるので、肌荒れを防ぎ、お肌のコンディションが良くなります。2つめは便秘の改善です。こうじの酵素によって生み出されるオリゴ糖は腸内環境を整える働きがあります。オリゴ糖は腸内の善玉菌の大好物なので、善玉菌はオリゴ糖をエサにしてどんどん繁殖します。善玉菌が増加することで便秘の改善に効果があるといわれています。

こうじの酵素には、栄養素を分解して吸収しやすくしたり、腸内環境を良くするなどの働きがあります。この働きから特にダイエットをしたい人などに意識的に摂取して欲しい栄養素であると言えます。