歯並びが悪いと損をする?歯列矯正の必要性を学ぼう!


歯並びの悪さがもたらす弊害の詳細

歯並びが悪くなる理由は乳歯から永久歯に生え変わる際の不具合が多数を占めます。永久歯は乳歯よりも大きいため、生える際に他の歯に邪魔をされてしまい、曲がって生えてしまうのが歯並びの悪さに繋がっています。また、虫歯などの理由で歯が欠損するのも歯並びが悪くなる理由の一つです。歯並びが悪くなるとすき間が生じて食べ物のカスが詰まり、虫歯や悪臭などの不具合に見舞われます。また、噛み合わせも悪くなって発声や咀嚼が阻害されることも少なくありません。見栄えも良いものではなく、不潔でだらしないイメージを与えてしまいます。そのため、歯並びを改善させる歯列矯正が広く普及しています。

歯列矯正を綺麗に仕上げるための歯科医院選び

歯列矯正は歯並びの状態や患者の体調を踏まえて行うことが大切なので、矯正治療に詳しい歯科医院を選ぶことが大切です。矯正に使う器具は歯の状態に合わせて逐一変更する必要があるので、治療は長期間にわたって行うのが普通です。そのため、治療スケジュールの調整を適切に行うことが出来る歯科医院を選ぶのが綺麗な歯並びに仕上げる条件になります。また、歯列矯正の最中に虫歯などの不具合が生じてしまうと矯正の効果が得られません。口内環境を健やかに保つことが大切なので、歯科医院での治療だけではなく、毎日の暮らしの中で衛生管理に気を配ることが重要になります。歯磨きをはじめとするデンタルケアの正しい方法を学び、矯正治療を妨げないのが綺麗な歯並びに仕上げる秘訣です。

出っ歯の矯正をしっかりと行おうとすると、1年以上掛かります。その為、思い立ったタイミングで速やかにはじめてしまうのが賢明です。